肥料の選び方

堆肥や有機質肥料を使って地力のある畑をめざす
当サイトでは、堆肥として野菜の剪定くずや収穫後の残渣などを混合して作る落ち葉堆肥や市販のバーク(樹皮)堆肥などを使います。
家畜ふん堆肥などの動物性堆肥をなるべく使わないのは、「植物体の構成元素は植物体にある」という考えからです。
また、有機物などに含まれる炭素(C)とチッ素(N)の比率(C/N比)は、植物性堆肥のほうが動物性のものよりも炭素比が高いため、より森林の状態に近い穏やかな分解をすると考えます。
ただし牛ふん堆肥は、草食動物である牛のふん尿と飼育床のワラを混ぜたものが原料で、植物性堆肥に似ているため例外的に使用することもあります。
肥料は、有機物を原料とした有機質肥料を使います。
主な有機質肥料には、油かすや鶏ふん、魚かす、骨粉などがあります。
これらは化学肥料に比べ、効果がゆっくりで肥効が長もちする反面、肥料の三要素(チツ素、リン酸、カリ)のバランスが悪かったり、分解の途中で熱やガスが発生して発芽障害や根傷みを起こしたりすることもあります。
その場合は、あらかじめ数種類の有機質肥料をバランスよく配合した「ぼかし肥」を主体に土作りを行います。
ぼかし肥は、肥料分のバランスがよいことに加え、発酵済みなので芽や根を傷める心配がなく、肥効が安定しているという利点があります。
堆肥やぼかし肥は自分で作ることもできますが、発酵の過程で臭いが発生
するほか、材料を準備したり、こまめに切り返したりする手間がかかるので、初心者は市販品を使用するのが便利です。

堆肥は、完熟したものを選びましょう!
未熟な堆肥を使うと悪臭や病害虫が発生したり、土に投入してから分解が始まって野菜の根が傷む原因になったりします。
必ず完熟のものを使用しましょう。
落ち葉堆肥やバーク堆肥の場合は、葉などの形があまり残っていない製品を選ぶのがポイントです。
購入した製品が未熟だった場合は、袋に入れたまま放置するか、畑の外に
穴を掘って埋めておき、臭いが抜けてから使います。

微生物資材はパッケージを確認しましょう
土壌改良のために使用する微生物資材は、いろいろな有効微生物を胞子の
状態で製品化するなどした土壌改良剤をはじめ、製造過程で、有機物を有効微生物に分解させた特殊肥料など、さまざまな製品が販売されています。
前者は緑肥やワラ、もみ殻、植物性堆肥などの有機物と併用しますが、後者をチッ素分の多い有機物(米ぬか、油かすなど)と併用する場合は、ガス害が発生することもあり、注意が必要です。
購入前にはパッケージの表示を確認し、使用方法や効果、肥料成分などの表示をよく見て選びましょう。

有機100%なのかを確認しましょう
当サイトでは元肥にも追肥にも、あらかじめ数種類の有機質肥料をバランスよく配合したぼかし肥を使います。
かし肥のなかには「有機配合肥料」「有機入り」などと表記され、化学肥料と有機質肥料の両方が含まれる肥料も販売されています。
有機100%かどうかをよく確認してから購入しましょう。

ぼかし肥は野菜の種類によって使い分けましょう
ぼかし肥は、天然素材のため肥料の要素バランスは限られますが、チッ寿
リン酸、カリのバランスがとれているものは果菜類,根菜類の元肥向け、チッ素分が多いものは葉菜類の元肥や野菜全股の追肥向けなど、用途に適したものを選びましょう。
油かすや微生物資材など、ほかの有機質肥料と併用する場合は、その資材の肥料の含有量を考慮してぼかし肥の種類や量を決めることも大切です。肥料バランスはN(チッ素)ーP(リン酸)-K(カリ)で表され、N-P-K-6.0-5.1-2.7(100g中に何パーセントずつ肥料分が含まれるかを示す)のように、分析例がパーセントでパッケージに記載されています。